主婦がキャッシングするためには

審査

総量規制の影響

不動産担保融資や質屋と金融業者は、物を担保にしてキャッシングをするシステムですが、消費者金融などのフリーローンは個人の信用に対しての融資ということになります。個人の信用とは、つまり支払い能力であり、毎月決まった収入があるサラリーマンなどが対象となります。

したがって、毎月決まった定収の無い無職者や専業主婦といった方たちは、こういった個人の信用が得られませんので、消費者金融の融資対象外とされてしまうのです。いくらあちこちで審査を受けてみたところで、無職や専業主婦では絶対審査に通りません。

2010年に施行された法改正(総量規制)以前では、専業主婦であっても夫がサラリーマンであれば、夫の信用を担保にしてキャッシングは可能でした。

しかし、一部の主婦が夫に無断でキャッシングをしてブランド品などを購入して、カード破産をしたことが社会問題となり、夫に無断で審査を受けることは禁止されたのです。もっとも夫に無断でキャッシングすること自体に問題があるわけで、法改正が施行されずともいずれは離婚の危機に陥っていたものと思われます。

レディースローン一覧

パートでも融資可能

アルバイトやパートでも審査に通らないと思われがちですが、収入が少なくても毎月決まった定収があれば、銀行系の消費者金融でも審査に通ります。正社員のサラリーマンのような借り入れ限度額は不可能ですが、当初は5万円に限度額が設定されていても、毎月きちんと返済をして信用をあげていけば、徐々に限度額は上がっていきます。

主婦についても当初の限度額は低く設定されますが、返済を滞ることなく履行していれば信用もついてきますので、限度額が高くなった分だけ自由にキャッシングができます。