審査

求められる金融の知識

消費者金融やキャッシング会社でお金を借りることを「キャッシング」と呼称するようになったのは、一昔前にサラ金による高利貸しと強引な取り立てが社会問題化して以降のことです。

呼び方を変えても、実際は借金に変わりはないのですが、キャッシングという名称が一種の免罪符のようになり、あたかも借金で借りたお金が自分のものであるかのような錯覚に陥らせることは、間違いありません。

web広告やスポーツ新聞などに掲載している貸金業者の広告には、「ご利用は計画的に」といった決まり文句が小さく書かれていますが、そのような体裁を繕った言語に従う消費者など皆無でしょう。

消費者金融

大多数の消費者は、借入限度額が自分の処分可能なお金の範囲だと錯覚し、限度額一杯になるまでは自由に使ってもいいお金だと思い込んでいる人が多いのです。

総量規制の施行以降、若年層の多重債務化が深刻化し、自己破産をする人が急増している事実を照らし合わせれば、そういった借入限度額まで借りてしまう行為こそが諸悪の根源であると指摘せざるを得ません。

こういった多重債務者を減らすためには、消費者金融やサラリーマン金融に関する知識を、早い段階から教育の一環として刷り込んでおく必要があると思われます。

つまり、キャッシングをする側の姿勢も大事なことですが、借りる側の姿勢や知識も必要であるということです。

必要なお金が無い場合、お金を借りたいと考えるのは至極当然の行動ですが、それならそれで正しい知識を保有し、借りたお金を計画的に利用する術を身に着けておかないと、前述したような多重債務や自己破産の憂き目に遭ってしまいます。

実際、欧米では投資やキャッシングについての教育は、小学生の段階から実施しています。それに比べると、国内における金融の教育は遅れていると指摘されても仕方がありません。

キャッシングの常識

サイト運営会社

代表